府中市で設置しよう!

太陽光発電は、CO2を発生しないクリーンなエネルギーとして地球温暖化防止のため、国や地方自治体でもその導入を促進しています。
そのため、太陽光発電を設置する際は、国から補助金がでるほか、東京都からも100万円を上限として、1キロワットあたり10万円の補助金が出ます。
さらに府中市の場合、市でもエコハウス設備設置補助金交付事業を行っており、太陽光発電1キロワットあたり3万円、上限9万円の補助金を受給することができます。
nullつまり、府中市民が府中市内で居住する住宅に太陽光発電を設置する場合には、トリプルの助成が受けられるということですね。
これは補助金交付事業があるうちに設置することに、大きなメリットがありそうです。
また、震災後には、停電時や災害時にも役に立つ非常用電力としての魅力が高まり、一般個人家庭で設置する動きが増加しています。
太陽の恵みを使って発電できる太陽光発電は、日中しか発電できないというデメリットはあるものの、夜間や太陽が出ていない日だけ電気を買うことになるので、電気代はこれまでに比べて大幅に下げることができます。
例えば、あるメーカーの試算によれば、現在の電気とガスの併用住宅を100とした場合、太陽光発電とガスを併用すると2割しかかからなくなり、さらに太陽光発電とオール電化を組み合わせると、わずか0.5割と言われるくらい、電気代を削減できます。
また、余剰電力が生じた場合は、電力会社に売電して収入を得ることができるうえ、電力不足で困っている地域社会に貢献することもできます。