全国レベルで見てもかなり充実している東京の補助金

太陽光発電の導入が全国レベルでも急ピッチで進んでいます。
この背景として挙げられるのが、諸外国と比べても充実している日本の太陽光発電に対する優遇措置であると考えられます。
日本での優遇措置としては、太陽光発電導入時の補助金、および再生可能エネルギーに対する固定価格買取制度を挙げることができます。null
後者については、太陽光発電の場合、1キロワット時当たり42円という高額で10年間にわたり電力会社が買い取るということが義務づけられています。
従来の価格が1キロワット当たり20数円であったことを鑑みると、現在の設定価格は非常に高額であるということがよく分かります。
また補助金についても、かなり充実しているといえます。
日本では国、そして地方自治体で補助金が設けられています。
太陽光発電の補助金の特徴として挙げられるのが、国や地方自治体の補助金を選択するのではなく、重複して受給できるという点にあります。
そして、日本の中で比較しても特に補助金が充実しているのが東京都であるといえます。
東京都で太陽光発電を設置する場合の補助金は、国からがシステム1キロワット当たり3.5万円(システム1キロワット当たりの価格が47.5万円以下の場合)、そして、都からの補助金が1キロワット当たり10万円となっています。
さらに、区や市町レベルで補助金が設置されているケースもあります。
この補助金の学派他の都道府県と比較してもかなり充実しているといえます。
ただし、補助金や固定価格買取制度は今後、その額が減少していくことが予想されています。
太陽光発電の導入を考えている場合は、早期に決断したほうがよいといえるでしょう。