足立区にお住まいの方で太陽光発電の設置をお考えの方は早めに行動しましょう

昨今の電力不足や電力量の逼迫のあおりを受けてわたくしたちの暮らしに節電が求められていますね。
計画停電こそないものの公共施設などを中心に節電の光景を目の当たりにする機会が多いと思います。
きっとみなさんも日々節電に努められていることでしょう。
私たちの日々の暮らしで電気の使用をゼロにすることは出来ないですよね。
今や電気は必要不可欠な財産と言っても良いでしょう。
nullですので出来ればその財産を自らの手でも増やしていきたいですよね。
太陽光発電で発電した電気は家で使用することが出来ます。
昼間に太陽が照っている間は自家発電した電気を使用することによってテレビ、エアコンや冷蔵庫などの電化製品を動かすことが出来ます。
使っている電化製品の電気の消費量よりも電気の発電量が多ければ、
その間は電気代は無料になります。
また余った電気は電力会社に売ることができます。
上手く省エネが出来ると電気代が無料になったり、
逆に電力会社からお金が振り込まれプラスになることすらあります。
太陽光発電をわれわれ一般家庭で設置すれば、
地震や台風などの災害で停電した場合にバックアップとして太陽光発電で発電した電気を使うことができます。
これはとても便利です。
幸いに足立区では省エネやエコライフを支援しているために、
太陽光発電を設置すると区から補助金を得ることが出来ます。
しかも国と東京都からも補助金を得ることが出来ますので、
あわせて3カ所からの補助金を活用することが出来ます。
なおかつ現在足立区から得られる補助金は他の区や市町村に比べて多いですので、
足立区にお住まいの方はこの期に太陽光発電を設置されると良いでしょう。
補助金額は太陽光発電のシステムの規模や電力容量によって異なりますが、
平成24年度以降に足立区にお住まいの方が太陽光発電を設置した場合は、
120,000円または140,000円(国)+400,000円(東京都)+336,000円(足立区)
となり合計で856,000円または876.000円もの補助金が受けられることになります。
太陽光発電は設置の初期費用は必要ですが設置後のメンテナンスなどの保守などはほぼ不要ですので、
足立区にお住まいの方は補助金制度を活用して早めに設置すれば十分に設置費用を回収できるのではないでしょうか。
国は売電価格を10年間保証しているので早めに設置するメリットは大きいと言えるでしょう。