補助金で太陽光発電の導入を後押し

家庭はもちろんマンションの自治体や企業、そして行政などでも太陽光発電システムを取り入れるようになりました。
それはもちろん二酸化炭素排出量を減らして自然環境を保護することも一つの要因です。
でも、それだけでは普及はあまり進まなかったはずです。
というのも、太陽光発電というのは一基だけでも数十万円から数百万円と決して安い値段ではないのです。
発電したエネルギーを自分で消費したり、電力会社へ売ることもでき、長い目で見れば利益を出すとわかっていても、やはりいきなり数百万円も出すとなると躊躇してしまうものです。
そのため、国や地方自治体では地球温暖化を阻止しようと、太陽光発電システムが普及するように補助金を出しているのです。
というのも地球温暖化になってしまうと、干ばつや海面上昇といった世界中に影響を受けるのです。
もちろん、日本でも影響がないわけがありません。
日本では多くの街がある平野の標高は低いため、海面が上昇すると多くの都市が水没してしまう危険性があるのです。
だからこそ、国を挙げての太陽光発電システムを普及しようと補助金を配布して、火力発電による二酸化炭素排出量を抑えて地球温暖化を阻止することが重要なのです。
ただ、一言で補助金といってもいろんなものがあります。
より効率的に安価に提供できるように研究開発している大学や企業に当てるのも補助金もありますし、高価な太陽光発電システムを購入しやすいようにするための補助金もあります。
ここでは購入を推し進めるための補助金を指しているのです。
この補助金を利用しても、大幅に負担がなくなるというわけではありません。
しかし、何万円単位で安くなるため、お買い得に感じやすくなることは確かです。
そのため、購入する気持ちに動きやすくなります。
このように、国や地方自治体が補助金を利用して、国民一人一人に背中を押して太陽光発電システムを取り入れるように進め、結果的に地球温暖化を抑えることができます。