二酸化炭素排出と発電

2007年10月にアル・ゴア氏とIPCCが共同でノーベル平和賞を受賞されたことで話題となりました。
その受賞で大きな評価を受けたのが「不都合な真実」という書籍を代表する啓蒙活動です。
そこでは世界各国が排出される二酸化炭素によって地球温暖化が進み、地球に大きな被害を及ぼすとされています。
なぜ地球温暖化とノーベル平和賞が関係しているかと言うと理由があるのです。
それは地球温暖化によって干ばつによる農作物の不作が続き世界中で飢餓、そして、海面上昇によって土地を追われる難民者が増えることがあります。
その飢餓や難民者が増えることで、戦争に発展する可能性もあるのです。
その原因となっている要因の一つこそが地球温暖化があります。
このアル・ゴア氏とIPCCの共同でノーベル平和賞を受賞によって地球温暖化が非常に高く注目されるようになったのです。
その地球温暖化の要因である二酸化炭素はいろんな生産活動のなかで生まれることとなります。
そのなかで大きな割合となっているのが火力発電と言われています。
火力発電では石油や石炭、他にも可燃ごみなどを燃やすことで得られる熱で水を温めて水蒸気を作ります。
その水蒸気の力でタービンを回し発電するという仕組みとなっています。
その石油や石炭などを燃やすときに二酸化炭素が排出されるのです。
つまり、火力発電で得られた電力を利用して生活したり生産活動などを行っていれば、必然的に二酸化炭素排出に協力していることになります。
そのため、火力発電と違って二酸化炭素を出さない環境にやさしい電力発電が必要とされているのです。
そのひとつが太陽光・水力・地熱・バイオマス・風力といった自然界に当たり前にあるエネルギーを電力発電に転換させる再生可能エネルギーといえます。
その再生可能エネルギーのなかで家庭用でも発電できることで注目が集まっているものに太陽光発電があるのです。
実際に、すでに太陽光発電システムを自宅に取り入れている世帯も数多くあるでしょう。