太陽とともに生活する健康的なライフスタイル

我が家は太陽光発電の導入により、非常に健康的なライフスタイルを送れるようになりました。
導入にあたっては光熱費の節約CO2排出量削減による環境貢献、災害時の非常用電源といったメリットを考えていましたが、家族にとって思わぬ効果がもたらされる結果となりました。
太陽光発電は太陽が出ている間は家の電力をしっかり賄ってくれますが、夜間は電力会社から電力を購入する必要があります。
少しでも電気代を節約したいという思いと、現在の電力消費量ナビに表示されるCO2排出量の増減を見ているにつれ、家族の中にこれまで以上にエコ意識が育まれていったのです。
すると、誰からともなく自然に、夜はなるべく早めに寝て電気を無駄に使わない、その代わり朝は太陽とともに目覚めるといったライフスタイルが根付いていったのです。
夏は4時過ぎには目覚め、冬は日の出の少し前くらいには目が覚めます。
朝のうちに家事や趣味、子どもたちは勉強などを済ませ、夜はテレビやインターネット、ゲームなどで夜更かしをすることがなくなりました。
家族そろって健康的な生活を送れるようになったのが、太陽光発電にして良かったことの1つです。